メニュー

当院における感染症対策への取り組み

当院ではスタッフ・患者様ともにコロナウイルス感染が疑わしい方がクリニック内に立ち入って頂かないように努めておりますが、無症状の感染者の可能性も考え、24時間換気・サーキュレーターによる空気循環・ウイルスに対して強い作用を持つ次亜塩素酸水での医療機器、手指の消毒、それに加えて次亜塩素酸の空中散布(プールのようなにおいがすることがありますが、人体には無害です)
を行なっております。

当院が重視している取り組みについて

  1. 院内環境整備
  2. 職員の健康管理の徹底
  3. 受付管理システムやオンライン診療の導入

(1)院内環境整備

  • 当院では院内環境を保護するため、患者様にも来院時には必ず玄関備え付けのアルコールでの手指消毒をお願いしております(アルコールアレルギーの方は必ず受付へお申し出ください)。
  • 飛沫感染防止対策として受付けに安心ガードを設置しております。
  • コロナウイルスは、熱・乾燥・エタノール・次亜塩素酸ナトリウムに消毒効果が期待出来ると言われています。院内では、医療機器の使用ごとの清拭消毒の徹底と、患者周囲環境に関しても定期的に清拭消毒しています。また、院内の換気も定期的に行っています。
  • ウイルス除去目的として、待合室に次亜塩素酸空間除菌脱臭機「ziaino」(https://panasonic.jp/ziaino/)を設置しております。これにより室内の空間だけでなく、壁、床、建具などの着ウイルスにも対応します。

(2)職員の健康管理の徹底

出勤者の健康管理として、発熱や呼吸器症状の管理を徹底しています。具体的には、出勤時と午後の診療前に体温測定を必ず行うようにしております。また、診察ごとの手指の消毒などの感染対策を徹底しております。

(3)受付管理システムやオンライン診療の導入

  • 受付管理システムの導入により、待合室の待機人数を出来るだけ減らすように努力します。
  • 当院では、C L I N I C Sオンライン診療を導入しております。予約から受診、支払いまでをインターネットを通して行うことができる新しい通院のかたちで、ご自宅から診察を受けることができます
  • 感染リスクなどの観点からクリニックへ受診する事に躊躇してしまう際に、既存の疾患の診療を継続し健康管理を行うための対策として、当システムの利用も検討頂けたらと思います。

※オンライン診療は、対面診療と組み合わせることでご利用いただけます。興味ある方はまず相談頂けたらと思います。また、初診では原則的に対面診療が必要となります。診療内容や患者様の状態によって、初診・再診に関わらず対面診療が必要になる場合があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME