メニュー

性感染症(STD)

性感染症(STD)

 

性感染症とは、性行為によって感染する病気の総称です。「性病」と呼ばれることもあります。

性感染症は、初期の自覚症状がないことが多いのです。そのため、感染に気付かないことが多くあります。しかし、症状が無い期間であっても、パートナーにうつしてしまう可能性があります。また、不妊症の原因となる事もあります。

性感染症に関しては自然には治らないので、放置せず早い対応が大切です。

 

性感染症には主に下記の病気があります。

 

・淋菌感染症(淋病)

淋菌と呼ばれる細菌が尿道の中に入り、炎症を起こす事を淋菌性尿道炎といいます。感染してから発症するまで、2-7日とされています。男性の尿道感染の特徴は、排尿時の膿と激痛です。抗生剤を点滴することで治療します。白っぽかったり、粘り気のある尿が出るなど、何か少しでも異常を感じた時は、すぐに診察を受けるようにしましょう。

 

・クラミジア感染症

クラミジアという細菌が原因で発症する尿道炎のことを、クラミジア性尿道炎と言います。感染してから発症するまで、1-3週間とされています。ほとんどの人が症状を感じないため、気づかないままパートナーへ移してしまう事もあります。強い痛みは出ないため放置されてしまうことも少なくありません。尿道からのうみは、無色透明で、量は少なくてさらさらしています。

 

・その他の性感染症

梅毒

性器ヘルペスウイルス感染症

尖圭コンジローマ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME