メニュー

血尿

症状

  • 尿に血が混じっている
  • パッドなどに血液が付着している
  • 健診や他の病気の検査で尿潜血などを指摘された

血尿とは

血尿が発見される頻度は加齢とともに増え、女性の方が男性に比較して多く見られます。原因としては、悪性腫瘍や尿路結石、膀胱炎などの細菌による炎症、腎臓の病気など様々なものがあります。膀胱がんの場合、85%は肉眼的血尿を契機として発見されると言われています。病気を早期に見つけるためには、健診や人間ドックなどの尿検査を受ける事が重要です。血尿を指摘された場合には、無症状だからとほうっておかず、専門医の受診をお勧め致します。

検査、治療

尿検査の他、細菌培養検査、細胞診検査、腹部超音波検査などを行います。これらの検査は痛みなど体への侵襲なく行う事が出来ます。必要に応じて、レントゲン検査や膀胱鏡を用いた精査などを行っていきます。膀胱鏡に関しても当院では痛みの少ない柔らかい軟性鏡を導入しており、出来るだけ負担が少ない検査を心掛けております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME