メニュー

男性更年期障害

最近、昔と比べると元気が出なかったり、パワー不足などと感じていませんか?

女性の更年期障害は一般的ですが、男性にも、加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)とよばれる更年期障害があります。更年期障害とは「40代以降の男女の性ホルモン分泌量の低下が原因となる自律神経失調症に似た症候群」のことです。

 

加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)は、男性ホルモン(テストステロン)の低下が原因と考えられています。このテストステロンは「性機能を正常に保つ」、「筋肉や骨を強くする」、「行動力や判断力を高める」といった役割を持っています。20代が分泌の最盛期で、加齢とともにその量が減っていき、精力が落ちたり、じっとしていても汗が出たりと、さまざまな心身の不調が起きることがあります。

LOH症候群は精神状態が不安定になったり、異常な発汗やほてり、めまい、性欲減退等の症状が現れる病気です。男性更年期障害は日本でも知られるようになってきましたが、症状が現れているのに自覚していない男性がまだ多い状況です。

男性更年期障害の症状

女性の更年期障害は閉経の前後5年間が発症のピークですが、男性の場合は特に好発年齢はありません。40代以降なら何歳でも発症する可能性があり、男性の更年期障害には女性のように閉経前後といった目安がなく、人によっては長く苦しむケースも珍しくありません。

症状は大きく身体症状と精神症状の2つに分けられます。

身体症状としては、勃起不全(ED)や朝立ちの消失などといった男性機能の低下があります。精神症状としては、不眠、無気力、記憶力や集中力の低下イライラ、性欲の減退などがあります。

その他にも、のばせ・多汗、全身倦怠感、頭痛・めまい・耳嶋り、筋肉や関節の痛み、筋力低下、骨密度低下、頻尿など色々な臓器において症状が起きる可能性があります。

・主な症状

  • 抑うつ状態になる
  • イライラする
  • 疲労感が抜けない
  • 異常な発汗がある
  • ほてりが止まらない
  • めまいや頭痛がする
  • 良く眠れない
  • 性欲があきらかに減退した
  • 勃起しなくなった

 

身体症状

…精力低下、多汗、勃起障害・性機能低下、筋力低下、筋肉痛、ほてり、頭痛、めまい、耳鳴り、頻尿、肥満など

 

精神症状

…集中力や記憶力の低下、無気力、不安感、頭のもやもや感、イライラ感、うつ、疲労感など

 

治療

診察では問診票(男性更年期質問票(AMS:Aging males symptoms))への記入などを行って頂き、採血して男性ホルモン(テストステロン値)を調べます。

血液中の遊離型テストステロン値が8.5pg/ml未満と少なく、心身の不調が著しい場合は、男性ホルモン補充療法を行います。保険適用なのはテストステロン製剤の注射となります。また、その他に漢方薬による治療があります。

男性の更年期障害の改善・予防のためには、運動量を増やすなど生活習慣の見直しによりテストステロンを増やすことがポイントになります。また、男性ホルモンの低下は、生活習慣病とも関連が深いと言われています。糖尿病・高血圧・高脂血症など、いわゆるメタボリックシンドロームも、男性ホルモンの低下に伴う全身の代謝の低下が関与しているケースもあり、併せて治療が必要なこともあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME