メニュー

予防接種

「2020年度インフルエンザ予防接種について」
 

65歳未満の方もインフルエンザ予防接種の予約受付を開始いたします。

ワクチン数に限りがあるため、以下の条件で完全予約制とさせていただきます。

現在は11月14日までの予約を受付致します。11月後半分は改めてお知らせする予定です。

65歳以上の方も引き続き予約受付けております。

 
現在予約可能な期間
11月14日まで
 
予約できる方
    • 当院に受診歴がある方(診察券番号がある方)
    • 中学生以上の方:未成年の方は親権者の同意欄にサインが必要です。保護者が同伴しない場合は、予診票をダウンロードのうえ事前に記入して持参下さい。サインがない場合は受付できません。
    • 接種当日は平日17:00・土曜16:00までにご来院いただける方(時間を過ぎるとキャンセル扱いとなります)

    ※2回接種希望の方も予約は1回分ずつとなります。2回目の確約はできかねます。

     
    予約方法
    • お電話でご予約を受付しております。診察券番号をお手元にご用意の上、診察時間内にお電話ください。混み合っている場合はつながりにくいことがございます。
    • 受診でお越しの際は、窓口でも予約受付いたします。待合室が密にならないよう、予約のみの来院はお控え下さい。
     
     
    「金額」
    • 自費 3800円(税込み)
    • 横浜市の補助対象の方 0円 (接種日に65歳以上の横浜市在住の方)
     

    *インフルエンザ予防接種を自費で受けられる方へ

    下記予診表をダウンロード記入の上、持参をお願いします。また、下記のインフルエンザ予防接種を受ける際の注意事項もご確認下さい。

    予防接種当日に発熱や風邪症状がある場合は当院に立ち入りいただけませんので、ご予約を変更してください。

    ・インフルエンザ予防接種 予診表

    ・インフルエンザ予防接種を受ける際の注意事項

     

     

    「肺炎球菌ワクチンについて」

    肺炎球菌ワクチンが2種類あるのをご存知ですか?

    肺炎は日本の死亡原因の第5位で、肺炎球菌は肺炎の主な原因菌のひとつです。強毒で、重症化しやすい特徴があり、慢性の呼吸器疾患や循環器疾患、糖尿病などの慢性疾患をお持ちの方は特にその危険度が高いです。また、肺炎で入院する事で、認知症のリスクが高くなったり、QOLの低下につながる可能性があります。そのため、高齢者の肺炎は治療だけではなく、ワクチンの接種などによる予防が勧められています。

    現在、国内の肺炎球菌ワクチンは従来の「ニューモバックス」と「プレベナー13」の2種類があります。 

     

      「ニューモバックス」 「プレベナー13」
    含まれる抗原の種類 23種類 13種類
    抗体を作らせる力 比較的弱い 強い
    効果の持続 5年間以上 長い
    再接種の必要性 2回目まで5年おき 不要

     

    「ニューモバックス」は肺炎球菌に対する血清型のカバーする範囲が広い事が特徴で、「プレベナー13」は肺炎球菌に対する免疫記憶を確立できるため、抗体を作る作用が強いのが特徴です。強い免疫を得るには、2剤の併用が有効です。日本呼吸器学会/日本感染症学会も併用をお勧めしています。

    従来の肺炎球菌ワクチンの「ニューモバックス」を接種した方も、前回接種した時期から1年以上経っていれば、「プレベナー13」を接種する事が出来るため、興味がある方は気軽に御相談下さい。

     

     

    費用

    実施内容 料金(税込)

    インフルエンザ   自費

    3800円

    インフルエンザ   公費

    横浜市の補助対象の方 0円

    肺炎球菌(ニューモバックス)  公費

    3000円

    肺炎球菌(ニューモバックス)  自費

    8000円

    肺炎球菌(プレベナー13)          自費

    11000円

    帯状疱疹

    8000円

     

     

    ▲ ページのトップに戻る

    Close

    HOME