メニュー

AGAの治療

AGA(男性型脱毛症)の治療

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味で、成人男性などによくみられる髪が薄くなる状態です。毛根は一度死滅すると生き返ることはありません。ただし、 毛根が残っていれば髪の毛は再び生える可能性があるため、元気な毛根が多く残る若いうちから始める早期治療の方が効果が期待できます。AGAはそのまま放置しておくと、髪の毛は徐々に薄くなっていきます。AGAによって薄毛の範囲が広がると、コンプレックスが原因で外出や人とのコミュニケーションに支障をきたす場合があります。そうなる前にできるだけ早く改善することが大切になります。

当クリニックでは、頭髪のチェックや、プロペシアの処方などを通じて、AGAに対する治療をおこなっています。

AGA治療の発毛育毛作用 

AGAの人の頭髪の毛根部には、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が多くこれが薄毛の原因になっています。髪の毛の中の毛母細胞にDHTが結びついてしまうと、正常な毛髪サイクルを乱し、薄毛が加速すると言われています。AGA治療薬は5α-還元酵素を阻害して、 この原因物質DHTの産生を抑制します。治療薬の効果の目安は半年以上です。早いと3ヶ月くらいで効果のでる場合もあるようですが、最低半年は続けてみて頂く事をお勧めします。特に右肩上がりの効果出るのは半年から1年の間と言われています。

ミノキシジルは発毛を促す治療薬ですが、AGAの進行を抑制するわけではありません。一方でフィナステリドはDHTによって乱れたヘアサイクルを正常な周期に戻す役割があります。一方で、フィナステリド単体では発毛を促進させる力は乏しいとされています。

AGA治療は、生えたら終わりではありません。大事なのは、毛根の健康をいつまでも維持することです。治療をやめてしまうと、毛根は再び元の悪い状態に戻ってしまいます。AGAは早めのスタートが大切ですが、それと同じくらい治療を続けることも大切となります。

AGA治療の診察料

AGAは保険適応外疾患です。(保険診療の対象外です)

初診料 2,000円
再診料 1,500円

*保険診療と併せて受診の方も別に上記診察料はかかります。

処方薬

フィナステリド(プロペシアのジェネリック薬)

フィナステリド 1mg (28日分) 5,500円 税込み

 

AGA治療薬プロペシア(一般名・フィナステリド)と同成分のジェネリック薬です。5αリダクターゼII型を阻害することで、DHTの生成を阻害する事で、AGAの進行抑制の効果が期待できます。ジェネリック薬のため、膨大な開発費用がかかった先発薬に比べ、後発薬であるジェネリック薬は製造コストを抑えられるため価格が安いのが魅力となっています。

 

ザガ―ロ(グラクソ・スミスクライン)

ザガーロ 0.5mg (30日分) 9,000円 税込み

 

ザガーロはAGAの治療薬として英グラクソ・スミスクライン株式会社が開発した、デュタステリドという成分の飲む発毛薬です。ザガーロはプロペシア(フィナステリド)に次ぐ第二のAGA治療薬となります。5αリダクターゼI型とII型の両方を阻害することで、より強力にDHTを阻害します。また、フィナステリドの目的がAGAの進行抑制なのに対し、ザガーロはAGAの改善を目的としています。

 

デュタステリド (ザガーロのジェネリック薬)

デュタステリド 0.5mg (30日分) 7,000円 税込み

 

ザガーロ(一般名・デュタステリド)と同成分のジェネリック薬です。ジェネリック薬は製造コストが抑えられており、価格の安さが魅力となっています。

 

ミノキシジル(富士化学工業)

ミノキシジル 配合外用液5% 「FCI」4,800円 税込み

 

ミノキシジルは髪の毛包に作用して、髪の成長を促す治療薬です。当院で取り扱っているのは、直接頭皮に塗布して使用する外用液となります。1日2回、脱毛している部分や気になる頭皮に塗布します。ザガーロやフィナステリドなどの内服薬との併用で、より発毛効果を実感していただけます。

 

AGAについてのウェブサイトはこちら

院内処方で医師から直接薬を渡されますので薬局に行く必要はありません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME