メニュー

高血圧

血圧とは、血液が心臓から全身に送り出された時に血管の壁を押すときの圧力のことです。心臓が収縮することで発生します。そのため、高血圧など血圧の値は、血管の収縮程度やしなやかさ、心臓から送り出される血液量で決まります。
 
高血圧は収縮期血圧(上の血圧)が140mmHg以上の場合、または拡張期血圧(下の血圧)が90mmHg以上の場合、あるいはこれらの両方を満たす場合と定義されています。
高血圧は国内で、もっとも患者数が多い病気で、現在4300万人ほどの患者さんがいると推計されています。しかし、その中で適切に血圧をコントロール出来ている患者さんは、4分の1程度の1200万人ほどと言われています。残りの3100万人のなかには、高血圧でも無症状の事が多いため、自分がそうなっている事も知らない人や、知っていながらも治療を受けず放置している人もいると思われます。

原因

高血圧の原因としては、体質など遺伝的素因、塩分の過剰摂取や肥満など様々な要因が組み合わさる事で起こります。特に、高血圧では家族性の要因が60%程あるといわれています。これには、家族として似た生活環境(食生活、食習慣や運動習慣など)にあるという環境的要因と遺伝的要因の両者の可能性が考えられます。そのため、家族に高血圧の人が多いなどの家族歴がある過程では、小さい頃から家族ぐるみで高血圧の発症を防いだり、機会をみて血圧を測るようにするなどの血圧の確認が重要です。

症状

高血圧は別名サイレントキラーと言われる様に自覚症状などがほとんどの人でありません。しかし、治療をせずにそのまま放置しておくと動脈硬化が進行して脳卒中や心臓病、腎臓病など重大な病気になる危険性が高まります。年間に10万人以上もの人が、高血圧が原因で亡くなっていると言われます。夜間頻尿、呼吸困難、早朝時の頭痛、下肢冷感やふらつきなどの症状を認める際は、高血圧により合併症の可能性もあります。そのような場合は、そのまま放置せず、受診などを検討ください。

治療

高血圧の治療には、内服治療だけではなく、生活習慣の是正も有効です。具体的には、肥満の予防や改善、塩分摂取の制限、節酒に加えて運動習慣や食事パターンを見直す事が有効となります。生活習慣の是正に関しては、何か一つだけ集中して行うという事ではなく、いろいろ組み合わせて行う事で効果が出てきます。薬を始めた後でも、このような生活習慣の改善は有効なため、しっかりと取り組むようにしてください。

また、血圧管理をする際に、受診時の血圧だけではなく家庭内での血圧をコントロールする事が重要となるので、家庭血圧の結果を血圧手帳に記録し、受診時にしっかり伝えるようにする事も重要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME