メニュー

在宅医療

在宅医療とは、通院が難しい患者さまやご自宅での療養を希望される患者さまに対して医師が医療計画を作成し、定期的に訪問して診察や医療を行うものです。

これら在宅医療の中には、体の具合が悪くなった患者さまの求めに応じて訪問する「往診」と、定期的に診察に伺う「訪問診療」とがあります。

◆往診◆

体に不調をきたしたり、症状が急変した際に患者さまの求めに応じて訪問し、診療を行うことです。

◆訪問診療◆

医師が医療計画書を作成し、定期的に訪問して診察などを行う事で、患者さまの医学的管理を行うことです。訪問頻度としては、1~2週間に1度程が一般的です。

当院では、「訪問診療」と「往診」を組み合わせながら、患者さまのご自宅での療養生活を支えていきます。

また、他の医療機関・介護福祉事業所と患者さま方の最新の情報を共有し連携を取る事で、病院での専門的な治療や検査を受けることや、入院が必要となった場合の入院先の手配、調整などを行っていきます。

当院対応可能な処置について

* 検査(血液、尿、細菌など)
* 投薬
* 薬の処方箋発行
* 点滴注射
* 中心静脈管理
* 在宅酸素療法
* 胃ろう管理
* カテーテル管理
* 褥瘡(床ずれ)ケア
* 緩和ケア
* 終末期医療 等

医療関係者の方へ

皆さま方と密接な連携を保ち地域包括ケアシステムの構築に尽力いたします。

どうぞ下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

mail こちらにご相談ください

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME