メニュー

前立腺がん

症状

早期の場合、多くの場合自覚症状を認めません。しかし、尿が出にくかったり、排尿回数が多い頻尿などの症状を認める事もあります。

進行した場合、排尿症状だけではなく、血尿や、腰痛などの骨転移による痛みを認める事があります。

前立腺がん

前立腺がんの罹患率は、60歳ごろから高齢になるにつれ、著しく高くなります。男性では4番目に罹患率が高いがんです。(胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん)

前立腺がんの家族歴、高年齢などはリスクを高める要因として、明らかにされています。

検査、治療

PSA検査は、採血で調べる検査です。前立腺に特異的なタンパク質の一種(前立腺特異抗原)の値を測定します。スクリーニング検査の中でも、精度が高く、簡便に受けることができます。PSAの値が高くなると、前立腺がんである確率も高くなります。
PSAが高かった場合は、値の変動があるか再検をしたり、直腸診で前立腺の大きさや硬さを確認したりします。また超音波検査で前立腺の大きさの測定や形態を確認することもあります。さらに、問診や検尿などで炎症があるかどうかなども確認します。このように総合的に診察を行っていきます。

精密検査(前立腺針生検)の必要がある場合は、患者さんと相談し、連携病院に紹介致します。また、前立腺がんと診断された場合も、当院でPSAのフォローやホルモン治療などは行う事が出来ますので、連携病院と協力しながら、最後まで責任をもってフォロー致します。

採血検査でPSA高値を指摘された場合や気になる症状がある場合などは、放置せず気軽に当院にご相談ください。

前立腺がんと診断された患者さんへ

前立腺がんの治療法としては

  • 手術療法(ロボット手術など)
  • 放射線治療(IMRTなど)
  • 小線源治療
  • ホルモン治療(内分泌療法)
  • 監視療法

などがあります。

当院では、ホルモン治療(注射によるもの)と監視療法を行っています。
また、他院で施行した手術や放射線治療後のPSAフォローに関しても行っています。

ホルモン治療

前立腺癌は男性ホルモンに依存するので男性ホルモンを抑える事でがんの進行を抑える治療で、すべての前立腺癌に可能です。

前立腺の癌細胞は、男性ホルモンの影響を受けます。この治療法は男性ホルモンを下げることにより、前立腺癌の増殖を抑えることができます。当院では男性ホルモンを下げる注射を定期的に行います。また、これらの方法に、男性ホルモンを下げる飲み薬を追加する場合もあります。手術や放射線療法に比べて体への負担は少ない治療です。

副作用としては、ほてり、発汗、男性機能障害、肥満、高脂血症、肝機能障害、骨粗鬆症、手のこわばり、まれに薬剤による間質性肺炎などがありますが、これらがすべて起こるという意味ではございません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME