メニュー

産後の尿トラブル

症状

  • くしゃみや咳をしたり、笑ったりした時に尿失禁をしてしまう
  • 産前のような排尿の勢いがなくなった
  • 尿意を感じない
  • 残尿感を感じる

産後の排尿障害

分娩時の胎児の下降により膀胱などが圧迫され、知覚神経麻痺により一過性の尿閉や尿意減弱などの排尿障害が起こることがあります。また、主産で骨盤底筋が圧迫されたり、骨盤底筋が傷ついてしまうこともあります。そのため、たわんだ骨盤底筋が尿道を締める事ができず、尿漏れが起こってしまいます。

産後の尿漏れは、生理的なものといえるので、順調であれば産後1~2ヶ月ほどで自然に治ることも多くあります。産後2ヶ月以降は、骨盤底筋体操などで骨盤底筋を鍛えるのが効果的です。
ただし、骨盤底筋を鍛える体操を続けても尿漏れが改善しない場合などは、かかりつけの産婦人科医や泌尿器科を受診してみましょう。

また、尿漏れ以外に、トイレの回数が多い、残尿感がある、排尿痛がある、尿が濁るなどの症状がある場合は、膀胱炎の可能性もあるため、相談頂けたらと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME